最近回顾老歌,空之境界的曲子百听不厌。非常非常喜欢里面的一段歌词——

优しさを知らない    【对不懂温柔的我】

君がくれた优しさが    【是你给予我那么多温柔】

伽蓝のこの胸に    【在我伽蓝般的心里】

名も无き光を灯している..    【点起一盏无名的灯火..】



ARIA 咏叹调


作曲 : 梶浦由記

作词 : 梶浦由記


梦の欠片 君がくれた

【梦境的碎片 是由你所赠予】

明けない夜に潜む

【又潜回漫长的夜色里】


寄り添う星 一つ消えて

【原本依偎的星辰 一颗却已消逝】

夜明(よあ)けのARIAが响いた

【化作夜明前回响的咏叹】

もう この止まない雨の中で

【此刻 身处这无尽的烟雨中】

昨日に怯えることもない

【我已无暇再畏惧往昔】

今君を失くした未来は

【如今 已经失去了你的未来】

始まったばかり...

【却悄然伊始...】


果てない闇の中

【这永无止境的黑暗中】

君がくれた篝火が

【是你所赐予的篝火】

伽蓝のこの胸に

【在我伽蓝般的心里】

生まれた命を照らしている…

【照亮这初生的生命..】


消えたものと変わらぬもの

【消逝的生命和不变的世事】

无残な空が光る

【凄惨的天空闪耀着光亮】


别れを告げ 微笑みあい

【与君道别 相视微笑】

寂しいARIAを重ねて…

【又交织了多少寂寞的叹息】


ねぇ、人は何时まで独りで

【告诉我 是否人总是孑然无依】

ふたりに焦がれて行くのだろう

【所以才向往着两人并肩而行】

まだ君の绮丽な未来は

【可知 属于你的美好未来】

始まったばかり

【才刚刚开始...】


优しさを知らない

【对不懂温柔的我】

君がくれた优しさが

【是你给予我那么多温柔】

伽蓝のこの胸に

【在我伽蓝般的心里】

名も无き光を灯している..

【点起一盏无名的灯火..】

孤独の船を漕ぎ

【摇一叶孤独的扁舟】

篝火は叹き集う

【载着篝火聚集的悲叹】

伽蓝の世界には

【在这伽蓝的世界中】

数多のARIAが响いている …

【回响着无数的咏叹...】


评论(1)
热度(18)

© 人生何处不相逢 | Powered by LOFTER